2019年1月2日水曜日

明けましておめでとうございます



皆さん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!
ブタは思いやりがあり、芸術的で陽気であることで知られています。 多くの課題に満ちていることを約束する年に、これらの資質は大いに評価されるでしょう! 2019年の幸運、共感、そして寛容を祈ります。

僕は絵を通してクリエイティブな一年になるように頑張りたいと思います。

2018年12月19日水曜日

メリークリスマス!




クリスマスのご挨拶します!

 皆さんにクリスマスの暖かいお祝いを送ります!

2018年9月30日日曜日

1インチのペン画 - 最終の12!

 さて、9月の終わりになって、House of Illustrationの毎日一点の一インチ資格絵を描くチャレンジ、最後の日です。 1インチ(25.4mm)正方形の小規模は魅力的なプロジェクトでした。このサイズでもっと頻繁に作業したいとおもいます。 ここに僕の最後の12枚の絵、9月19日から30日まで、全部、日本で買った0.1マルチラインペンで作ったものです。



それらがInstagramとTwitterに投稿したときに、それぞれがタイトルを持っていて、それがなければ、ここにそれらをまとめて置いたときにむしろランダムな選択です! しかし、全体のテーマがあります。

明日は#Inktober2018の始まりですから、毎日のインキングが増えます。 より多くの課題? 僕は今年も参加するかな? 少なくともサイズ制限はありません。 

2018年9月19日水曜日

9月の1インチ イラストレーションチャレンジ パート2

今月、ロンドンの House of Illustration が「毎日1インチ(25.4mm)の小さな絵を描く」チャレンジをだしました、それのための9枚の絵の2枚目のセットです。9月10日〜18日の部分です。



締め切りとかありますから、ある日、他の日よりも混雑していことある。いつも朝に何を描くをほとんど考えずに始め、そのうち日が終わる前にアイディアが出てくる。 このチャレンジのため他の多くのアーティストが素晴らしいカラー作品をいくつか作ってきましたが、僕はモノクロペンとインクに固執することに決めました。 そして、うまくいけば月の終わりまで続くでしょう。

InstagramTwitter@StudioNIB で毎日絵をポストしてます。是非見てください!

2018年9月9日日曜日

9月中の小さな、小さな絵のチャレンジ

今月中、ロンドンの House of Illustration は、1インチ(25.4mm)の正方形のアートワークを作成して、ソーシャルメディアに投稿する、毎日のアートチャレンジを行っています。 このアイディアは今展覧会をおこなてるジョン・ヴァーノン・ロード (John Vernon Lord) 氏から始めた、彼は1年中に1インチの正方形を絵を運動として毎日描いたこと。 この挑戦はちょうど1ヶ月間だけですが、僕にとって魅力的なものです。 ここに9月の最初の9日間の描いた絵をお見せします。



John Vernon Lordは主に白黒で作業しますが、この演習では素材に制限はありません。多くのイラストレーターが参加してフルカラーで作品を制作していますが、僕にとってはB / Wがスケッチの中心ですから、 モノクロでやろうと思いました。

スケール感覚のため一円玉が入った上記のものがあります:



来月はインクトーバー(Inktober)なので、似たようなものですが、間違いなくインクが入っていますと、テーマのプロンプトがあり、サイズの制約がないので、数週間はペンとインキングのチャレンジ制作ばかりになりそう!

明日何を描くのか、まだ分からないです、リクエストありますか?

InstagramTwitter、@StudioNIBで毎日の絵を見ることができます。フォローしてくださいね!
 

2018年8月2日木曜日

2018年の夏


暑中お見舞い申し上げます。

今年の夏はどこに行っても大変ですね!僕はできるだけ涼しいところで暑い日を過ごしして、スケッチブックとお話と一緒に冒険に行ってます。

皆さんにとって静かな夏になるように

ご自愛下さいませ。

2018年7月18日水曜日

Holland House で絵本作家リトリート


ホランド・ハウスの庭、2018/07/15

みなさん、お久しぶりです!最近このブログはかなり静かとなってしまった。英語のブログはたまに書いてますが、基本的 Twitter と Instagram (@studioNIB) で会話してることが多い、(Facebookはほとんどグループだけの会話を参加してる)なんとなく自分のブログを無視している。


でも、ゆっくりお話をするには  Twitter と Instagram でなかなかできないで、もっとブログに戻るようにしたいです。


先週の週末、絵本作家のリトリートで指導者の形に出しました。場所はイギリスの真ん中にある田舎の古い村 CropthorneでHolland House (ホランド・ハウス)というところでした。Cropthorne村はAvon川の横の田舎の村で、すごく豊かな、静かなところです。Holland House はキリスト教徒グループがマネージをしてる大きな屋敷です。私たちの作家とイラストレーターはべつにキリスト教徒じゃないけれど、絵本のやり方を勉強して泊まる場所として素晴らしかた。あそこでゆっくり絵本の技術と出版社に当てる道を考え、名前がよく知られてる著者 Orange Beak Studio とHachette / Orchard Children's Books 出版社の編集者と一緒にいろいろ勉強ができました。

この絵本作家リトリートはSCBWIの英国支部が毎年夏で整理しています、僕は出席した3回目でしたワークショップは別の先生と編集者がやってましたが、僕の役割は出席者のポートフォリオと絵本の話をアドヴァイスしました。僕はスタッフでしたが、自分もいろいろ勉強になりました!


最近自分の絵本の話に力を入れてます。 僕の多くの絵本はイラストだけ、話は別の作家が書いてましたが、これからは自分の話を中心する道に行きたいです。ことし、ボローニャを久しぶりに行きました、今年アストリッド・リンドグレーン記念文学賞 (The Astrid Lindgren Memorial Award)のノミネートされたことを大変光栄に思った、けっきょく勝つことはできませんでしたが、僕は児童書作家のキャリアを再考させました。


他の作家の話とイラストを描くのはいいですけれど、本当は、言葉と絵両方を使って自分の唯一の声が最高の方法です。だから、この作家リトリートに行ってよかったです。自分で書いている絵本の話はもっと鋭く、もっと心とつなげてようにできる道で少しずつ進んでいます。

2018年1月1日月曜日

2018年明けましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。
 
皆さんにとって素晴らしい一年になりますように!
2017年は世界的にいろいろ大変でしたが、今年は犬の強さと決意で、皆さんはますますご活躍を!
 
 

2017年12月20日水曜日

クリスマスのメッセージ



お祝いの喜びと暖かさを送ります!

世界が直面する課題の中で、このクリスマスが皆さんにとて平和、希望、そしてインスピレーションをもたらしてくれることを願っています。

素敵なクリスマスにしてください!

2017年4月30日日曜日

春に追いつく

 長い間日本語のブログに書いてないね!英語のブログはたまにポストをしてますが、最近いろんなことがあって、時間があるとツイッター(@Godfox)に要約することが多い。

さ、僕は最近何をしたというと、、、長間の制作の後、絵本「Magic For Sale」は7月25日にアメリカの Holiday House出版社 によって発売される予定です。作家はCarrie Clickardで、ハロウィーンと合うようにちょっと不気味な32ページの絵本で、魔法の店でモンスターでいっぱいです。中のイラストレーションはまだ見せられないですけれど、表紙を発表します!


まだ英語版しか決まってないですけれど、日本はウェブのお店 etc. から介して予約注文することができます。

ちょうど今3冊シリーズの子供小説の挿絵のお仕事してます。
ニュージーランドの歴史的なボートの話です。本ができたらからもっと説明しますが、僕のInstagramアカウント@studionibを通じて進行中の作業を見ることができます。

机の上の散らかしは今日このようです:


これの最後の数年間、絵本のお仕事は頼まれた、別の作家が書いた作品ばっかりで、僕は自分の考えた絵本のアイディアを無視した。でも今年は物語を考えていて、僕のプロジェクトを復活させている。まだ現像中ですけれど、いろいろ考えてます!

2016年12月19日月曜日

メリークリスマス! 

皆さんはお元気でしょうか?

みなさんにスケキなクリスマスになりますように!

僕は今年のクリスマスとおお正月は東京で祝います。もうしかしたら皆さんと会うかも知りません、楽しみにしてます。
イラストはThe Life and Adventures of Santa Claus
(Hesperus Press)より適応しました.


2016年12月4日日曜日

新作品:The Life and Adventures of Santa Claus 挿絵

クリスマスシーズンのために新しい本はイギリスで出版しました! テーマはタイトル「The Life and Adventures of Santa Claus」(サンタクロースの生涯と冒険)に入ってます!

John Shelley - Santa 01

ほとんどの人はL.フランク・バウムを「オズの魔法使い」の作者と考えていますが、他の作品もたくさん書きました。1902年に出版されたThe Life and Adventures of Santa Claus」はその1つです

イギリスの Hesperus Press は僕のペン図面付きの新しいペーパーバック版をリリースしました。


12月1日で出版しました。僕は22点の白黒絵を寄稿しました(ただし、表紙は僕のイラストではありません)。
小説の説明はここです。: http://www.hesperuspress.com/santa.html

ISBN 13: 9781843915904

僕が描いた挿絵の少しサンプル:
John Shelley - Santa 2
John Shelley - Santa 3

John Shelley - Santa 4

John Shelley - Santa 5

これは楽しいお仕事でした。物語は多くの場面の変化を素早く次々に動くから、 限られた空間でどこに絵を描くとどこにパスして描けないと決めるのは難しかった。必然的に僕は最初に依頼された以上のものを描きました、でも出版社はすべてを含める場所を見つけました。

2016年10月31日月曜日

Inktober Day 31: 森の中

31日目の #Inktober2016 スケッチです。「森の中

 今日は最後の Inktober です。10月中で毎日1点のペン画を見せるは楽しかったです!皆さんにハッピーハロウィーンをしてください!

2016年10月30日日曜日

2016年10月29日土曜日

2016年10月28日金曜日

Inktober Day 28: 貧しい子ども

28日目の#Inktober2016 の絵です。「貧しい子ども」

今日のInktoberはちょっと違うで、スケッチブックからの落書きではなく、小説の挿絵です。最近「オズの魔法使い」を書いた作家ライマン・フランク・ボームの他の作品「The Life and Adventures of Santa Claus」はイギリスで新版がでて、挿絵を描いています。サンタの人生物語で、すごく面白い話です。

この絵はウォームアップの準備し始める,ペンの先をテストとして描きまして、ちょっとラフの感じです。でもたまに最初に書く「ラフ」の絵は一番エネルギーを持つ、もっと綺麗に描き直してもなかなか同じになれない倍あります。

このカットが好きですけれど、残念で、 子供は話にでてきても文書の中でこの絵とピッタリの合わせるシーンがないから、出版社に提出しませんでした。

でも、ここでお見せします。


 本は今のうち英語版しか考えてないけれど、出版になりましたらおしらせします!

 

2016年10月27日木曜日

2016年10月26日水曜日

2016年10月25日火曜日

2016年10月24日月曜日